スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

『トニー賞』とは? 渡辺 謙さんノミネート!

ニューヨークでミュージカル「王様と私」に王様役で出演中の俳優・渡辺謙さん(55)が主演男優賞にノミネートされた。

すごいですね、渡辺 謙さん!
ハリウッドデビューも果たし、しかも日本人であれだけメインの役柄で出演してるのって
謙さんくらいじゃないですか?

そんな渡辺謙さんがミュージカルの作品で主演男優賞にノミネートされた『トニー賞』とは?

以下引用
トニー賞(- しょう、トニー・アウォード英:Tony Award)とは、正式にはアントワネット・ペリー賞 (Antoinette Perry Award) と呼ばれる、アメリカン・シアター・ウィング(American Theatre Wing)および全米劇場プロデューサー連盟(League of American Theatres and Producers)により授与される、アメリカ合衆国の演劇及びミュージカルの賞。

選考の対象となるには、毎年のエントリー期間中にニューヨーク・ブロードウェイの劇場で公演が開始される必要がある。受賞者はブロードウェイの関係者700人による投票で決まる。1947年に始まり1949年から、演劇部門とミュージカル部門に分かれた。トニー賞はアメリカの演劇界で最も権威ある賞と見なされており、映画界のアカデミー賞、音楽業界のグラミー賞、テレビ業界のエミー賞、文学・戯曲におけるピューリッツァー賞と肩を並べる存在となっている。

トニー賞の名前は、女優、演出家、そしてアメリカン・シアター・ウィングの共同設立者である、アントワネット・ペリー(英語版)に由来する。トニー (Tony) は、アントワネット (Antoinette) の短縮形である。

というわけで、グラミー・アカデミー賞などと同等の素晴らしい栄冠のようです。

実は渡邉謙さん以前に『トニー賞』を受賞された日本人がいらっしゃいました。

2013年ミュージカル部門の作品賞に日本人の川名康浩さんがプロデューサーとして関わった「キンキー・ブーツ(Kinky Boots)」が選ばれていました。


映画版『キンキー・ブーツ』Blu-ray版

それまでも2012年の「エビータ(Evita)」、11年の「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(Catch me if you can)」の作品で
それぞれノミネートされていましたが、残念ながら落選だったようですが、この「キンキー・ブーツ(Kinky Boots)」という
さくひんで悲願を達成されたようです。

今回の渡辺謙さんもぜひ川名さんにつづいてほしいですね。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


ニュース・芸能 | 2015-04-28(Tue) 23:28:50 | トラックバック(-) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © キャスターの”かたまり”  ニュース裏情報 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。