スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

首相官邸の屋上に落下した”ドローン”って何?



4月22日に首相官邸屋上に墜落していた”ドローン”

なんと、放射性物質が入ったものが一緒についていたという。
『原発再稼働』に対する抗議かもしれないという意見もあるという。

ドローンとは?

ドローンとは、無人の航空機全般を指します。

元は軍事目的で利用されてきましたが、現在は小型化、低価格化により、一般での活用も進んでいます。

ヘリコプターみたいなもの

ドローンの大きさは、大きいものは実物の航空機サイズから、小さいものは手のひらサイズまで幅広いものとなります。

形状は、一般的な飛行機やヘリコプターと同様のものもありますが、動作制御のしやすさや安定性の観点から、ヘリコプターの一種で、複数の回転翼のあるマルチコプタータイプが主流です。
(首相官邸にあったものと同タイプですね)

ドローンの操縦は主に、専用のコントローラや、スマートフォン、タブレット端末を利用します。
さらにGPSを利用して飛行ルートを指定することで自動飛行が可能なものや、事前にターゲットを指定することで自動追尾できるものも存在します。

現在ドローンが活用されている分野には以下のものがあります。
• 撮影
地球上には人の手で撮影することが非常に困難な場所がありますが、カメラを搭載したドローンはそれを補う形で活躍しています。上空からの撮影や、危険地帯の撮影、さらにはスノーボードやサーフィンといったスポーツの撮影など、幅広い分野でこれまで見たことないような映像が撮影されています。

• 農業支援
農業分野では、種や農薬の散布作業や、日射、温湿度、CO2などの情報を取得可能なセンサーを取り付けたドローンによる生育状況の定期的な監視が行われています。

一方、今後の活用に向けて検討が進んでいる分野には以下のものがあります。

宅配
現状は鉄道やトラックなどを利用した貨物輸送が主流ですが、この宅配作業をドローンが担うということが検討されています。
• 通信インフラ
世界中のあらゆる場所でインターネットの利用を可能とするための取り組みの一つとして検討されているのが、ドローンを活用する方法です。旅客機が飛行する高度よりもさらに上空にインターネット接続環境を提供するドローンを飛ばし、地上からドローンを介してインターネットを利用するという構想です。

しかし、今回のようなことがあれば厳しいルールが設定されるでしょうね。

伊藤法律事務所
スポンサーサイト


ニュース・芸能 | 2015-04-24(Fri) 21:21:51 | トラックバック(-) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © キャスターの”かたまり”  ニュース裏情報 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。