スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

田中マー君、復活?の2勝目  彼が操る変化球とは?


マー君復活か!?

 ヤンキースの田中将大投手(26)が現地時間18日、敵地のトロピカーナ・フィールドで行われたレイズ戦に今季3度目の先発、33キロの緩急差つけた新しいピッチングスタイルで7回をわずか2安打、8奪三振で無失点に抑えて2勝目を飾った。相手の裏をかく配球と、新スタイルが成功した裏には、ツーシーム、スプリットの変化を2015年型に修正することによって誤差を少なくした制球力にあった。

前回、前々回とらしくないピッチングで今日のゲームが始まる前はなんと防御率が7点台!!
(一試合投げ抜いた場合7点取られる計算)

しかし今日んピッチングは復活をイメージさせる最高の内容で、辛口のニューヨークメディアも
大絶賛。
得意のスプリット、そしてフォーシーム、ツーシームを操り相手打線を抑え込んだ!

マー君の操る変化球ってどんな球?
ところで今回マー君が操った球種についてですが
まず、マー君といえばスプリット。

握り方は、簡単にいえばフォークボールの握りを浅くした感じ。

フォークボールよりは落差はありませんが、ストレート並みのスピードなので
打者は打ち損じやすいです。

続きまして、フォーシームとツーシーム


マー君の動画がなかったので、こちらを参考に。

以上の3種の変化球を操り、今後ももっと活躍してほしいですね


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


ニュース・芸能 | 2015-04-20(Mon) 00:50:33 | トラックバック(-) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © キャスターの”かたまり”  ニュース裏情報 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。